会員ページはこちら

健康

腹筋トレーニングは腰に悪い?

腰痛を予防・改善するためには腹筋を鍛えると良いです。 但しやり方を間違うと、逆に腰痛になってしまったり腰痛が悪化したりしてしまいます。 また、既に腰痛の方が腹筋を鍛えようとすると、腰が痛くて鍛える事が出来ません。 situp 上の写真のような腹筋トレーニングは『シットアップ』と呼びますが、 これはアウターマッスルである『腹直筋』と呼ぶ場所を鍛えるトレーニングです。 腹横筋 『腹直筋』は格闘技や激しいスポーツをする方が鍛える筋肉で、腰痛対策の為にはなりません。 無理に鍛えようとすると逆に腰痛になってしまいます。 腰痛予防・改善する為に鍛えるべき筋肉はインナーマッスルである『腹横筋』と呼ばれるお腹の側面にある筋肉です。 『腹横筋』は背骨を支え、コルセットのような働きをします。 インナーマッスルである『腹横筋』の役割は、体感を整える、血液循環を促す、体温維持、基礎代謝を上げるなど非常に重要な筋肉です。 昔は家事などの動作で自然に鍛えられていましたが、現代では使われなくなってきました。 また一般的なトレーニングでは鍛えにくい筋肉です。 当ジムに設定しているLife fitness社製のレッグレイズを用いることで、安全・効果的に鍛えることが出来ます。 legraise