会員ページはこちら

トレーニング

スクワットの際、「膝がつま先より出てはいけない」は絶対か?

ジムでスクワットをする際、「膝がつま先より出さない」と指導されます。 これは常識のように語られ、それができていないトレーニーに対しては、膝が前に出ないように壁につま先をつけた上体でスクワットをして矯正したりするトレーナーもいます。 (当ジムでは、膝はつま先より、少しだけ前になるが、前に出しすぎないで下さいと奨励しています) 「膝をつま先より前に出さない」ことだけを意識してトレーニングをすると非常に限られた制約の中でのトレーニングとなってしまいます。 バーベルを担いで行うスクワットでは、正しいフォームを身につけずに、膝をつまさきの後ろの位置にした状態では、後ろにひっくり返りそうになり危険です。 「そこは腹筋で耐えます。」「ですのでスクワットをする為には腹筋も必要になるのです」というと説明するジムのトレーナーもいますが、これは誤りです。 原理的にバーベルのような高重量のものを担いで、そのまま膝を曲げると後ろに倒れるようになっているのです。 それでは、どのようなスクワットを行えばよいのでしょうか。 膝ばかりに意識がいくと上体をたてままましゃがもうとしてしまいがちですので、まずは膝よりもお尻を意識して下さい。 お尻をブリッと後ろに突き出す動きでしゃがみます。そうすると自然に上体が傾き、必然的に膝がつま先の上付近にくるようになります。 sq   「膝がつま先より出てはいけない」ばかりを意識してスクワットをして、違和感を感じていらっしゃる方、膝よりもお尻に意識するようにしてみて下さい。   「膝がつま先より出てはいけない」は絶対ではありません。 これは膝が前に出ることで膝に負担がかかり傷害のリスクがあるということで、とくに初心者に向けにいわれることです。 究極的には誤ったフォームというものは存在しません。 膝伸展筋を鍛えるためにあえて、膝を目いっぱい前にだすフロントスクワットという種目も存在します。 もちろん、怪我のリスクを減らすのは一番に優先すべきことです、それだけにとらわれるとトレーニングの内容が限られてきます。 このことはすべてのトレーニング種目に共通します。 まずは正しいフォームを身につける、上達具合に伴い怪我に気をつけながらトレーニング種目をバリエーションをふやしてみる、今日は違和感を感じるなと思ったら無理してトレーニングをしないなど、自分で判断しながら進めていく姿勢も必要です。