会員ページはこちら

トレーニング

筋トレと英会話の共通点

私は毎日英会話を勉強しているのですが、筋トレと英会話には共通点が多いと感じています。 <筋トレと英会話の共通点> ① 挫折しやすい 筋トレも英会話も数年単位の長いスパンで続けないと成果が得られません。 現代人は多忙なので、その中でほぼ毎日時間を確保するには自発的動機に基づいた意志が必要です。 誰でも最初はやる気に満ち溢れていても、数ヶ月でその気持ちも萎え、結局続かないことが往々にしてあります。 私は次の②、③のメリットを自分に言い聞かせることで継続するモチベーションを保っています。 ② すべての人に公平である 世の中には才能という言葉があります。 数千時間ボイストレーニングをしたからといって誰でも歌手になれる訳ではないですし、 3歳から野球の特訓をしていたからといってプロ野球選手になれるとは限りません。 このような才能を要するジャンルと違い、筋トレと英会話は万人にフェアな種目です。 英会話は勉強を全くしなければ、全く喋れるようにはならなりません。 逆に学習時間をとればとるほど上達します。 子供も大人も、偉い人もそうでない人も、お金があってもなくても誰でも平等です。 投資した時間=成果です。 筋トレも同じです。 運動神経の良い人も運動音痴の人も同じ土俵です。 通常、歳をとるにつれ、新しい事を習得しにくくなるものですが、筋トレの場合、60代でも筋肉をつけることができます。 才能のない私にとって、このようにフェアに挑戦できる英会話や筋トレは非常にやりがいを感じます。 ③ 簡単に特技に出来る 私には自慢できるような特技やこれといった趣味が有りません。 筋トレ1回、もしくは英会話の学習1回であれば、小学生でもできます。 とりえのない私でも1回1回の筋トレや英会話の学習はこなすことができます。 しかし、多くの人は、それを1,000回、10,000回と継続することができません。 であれば、私はそれを淡々と継続することで特技にしようと考えています。 とても簡単なことを、黙々と継続するだけで、人より秀でることができるのは、得なことだと思うのです。 ④ どちらも良い投資先である 近頃は資格の取得がはやっているようです。 しかし、様々な資格をとっても、それが誰にでも比較的容易に取得できるようなものであれば、肩書きが増えること以外の役に立たないということが往々にしてあり得ます。 このような場合は、資格取得に投資した時間とコストは完全に無駄です。 英会話の場合は、投資した時間とコストの分だけ自分の付加価値が上がります。 現在の仕事で使う機会がなくとも、 将来リストラされて再就職先を探す際のリスクヘッジにもなります。 筋トレは言わずもがなですが、投資した時間は、一番大切な自分の健康として返ってきます。 英会話・筋トレは絶対に損をしない投資先だと思います。