ジムの24時間運営のメリットと経営のポイント

24時間ジムのメリットを知りたいと思ったことはありませんか?

この記事では、24時間ジムを運営するメリットを紹介いたします。24時間ジムを運営してきたハコジムだから分かるポイントもお伝えするため、ジム事業参入の検討に役立つ情報を得られます。その情報を活用することで、開業の準備を円滑に進められます。

また24時間営業のジムでは、経営のポイントを押さえないと、開業してもなかなか思うように運営を行えません。運転資金が底をつき、経営に失敗してしまうことも考えられます。

しかし、この記事に書いてある経営のポイントを押さえれば、安定したジム運営ができます。さらに他社との差別化も図れるため、24時間営業ジムが増え続けている中で、勝ち残ることにもつながります。

記事の後半では、ハコジムのフランチャイズについてもお伝えしますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

24時間営業ジムの市場環境

株式会社Fast Fitness Japanが経営するエニタイムフィットネスを筆頭に、近年急速に24時間営業のジムが増加しています。また総合型スポーツクラブにおいても、ジムを24時間化する動きが見られるのです。

しかし、なぜ急激に増えてきているのでしょう。

その理由として、次の2つが挙げられます。

まずは、人との接触を避けたいと考える人が増えたということです。これはコロナが強く影響しています。

もう一つはトレーニング方法などの教材が、簡単に手に入るようになったということです。GoogleやYahoo!などはもちろん、YouTubeやSNSで検索すれば、すぐに欲しい情報を手に入れられる時代です。スポーツ経験のある人であれば、それを見ながらトレーニングできてしまいます。

そうなると、求められるのはトレーニングだけできるシンプルなスペースです。ジム営業の時間の制限をなくし、トレーニングできる場所として24時間開放することで、上記のような人たちのニーズに応えられるのです。

このような背景があり、24時間型のジムが急激に増加しています。

ジムの24時間運営のメリット

1. 若年層の集客を期待できる

トレーニングできる環境さえあれば良いと考える若者は、少なくありません。

24時間型のジムは、若年層にとって都合が良い場所です。なぜなら、トレーニングに使用する余分な器具・設備やスタッフの妨げがないからです。また会費が安く、総合型スポーツクラブよりも手を出しやすいという理由も挙げられます。

近年の筋トレブームとの相乗効果もあり、若年層からの高い支持を得ています。

2. 低コストで始められる

セキュリティシステムを整備すれば、トレーニングマシーン・器具を設置するだけでジム運営をスタートさせられます。

また家賃を抑えられるのも、ポイントの一つです。ジム経営で、最も経費のかかるものが家賃です。これを抑えられるのは、経営する上でとても大きなメリットと言えるでしょう。

さらに初期費用や維持費が比較的安価です。お客様の性質上、マシンとシャワーの必要最低限の設備でよいため、低コストで済ませられます。

そして、わざわざトレーナを雇い、お客様一人ひとりに合わせたトレーニング内容を考える必要もありません。ジム内のマシンや器具を自由に使用し、一人でトレーニングすることができます。

3. 収益性を上げられる

高い収益性が、24時間ジムの魅力の一つです。

フィットネスクラブのようにスタジオレッスンは、必要ありません。インストラクターを雇う必要がないため、人件費を抑えられます。

また、受付の配置も不要です。カードキーを使ったジム入室システムを整えることで、無人営業が可能です。スタッフを置かずに夜間の受付ができ、24時間営業することで、1時間あたりの家賃料も低くなります。

そうすれば、トレーニングマシンの稼働時間も長くなります。マシン購入にかかった費用を、短期間で取り戻しやすくなるのです。

夜間も営業するため、電気や水道代が余分にかかりますが、収益性が高いため、ジム経営に十分な利益を期待できます。

4. 新しい生活様式に合っている

24時間ジムであれば、人との接触を抑えられます。

トレーニングルームの利用時間や入退室などを管理できるAIシステムを多くの24時間ジムで導入しており、スタッフはもちろん、他の利用者との接触はほとんどありません。さらに24時間営業であるため、早朝や夜間の人が少ない時間での利用も可能です。

また、利用を制限される設備がないのもポイントです。総合型スポーツジムやフィットネススタジオであると、コロナの感染状況により、施設の閉鎖や利用人数の制限が必要になります。しかし、トレーニングがメインのジムであれば、上記のような制限がないため、お客様の期待を落とすことなく営業できます。

5. 利便性が高い

お客様の好きなタイミングで、ジムを利用できます。

出勤前や仕事帰りのサラリーマンや時間の空いた昼間に体を動かしたい主婦、昼夜関係なく不規則な勤務形態で働く方まで、様々な客層に対応できます。

利用時間にとらわれず、利便性の高さから、新しい客層へのアプローチも可能になります。

さらにジムを開業する地域を上手にチョイスし、通いやすさを確保すれば、見込み客の増加にも期待できるでしょう。

6. フランチャイズへの加盟

初めてジム経営する場合、誰かに頼る手段がなかなかありません。

しかし24時間ジムのフランチャイズに加盟すれば、経営ノウハウやトレーニングマシン・器具などの購入ルートを得られるというメリットがあります。

様々なフランチャイズがあるため、加盟金やロイヤリティをしっかり比較検討し、ご自身に合った加盟先を選択することが大事です。もし判断を誤ると、初期投資した資金を回収できず、経営が苦しくなるため注意が必要です。

ジムの24時間運営のデメリット

1. 他社との差別化が難しい

すでに多くの企業が、24時間営業ジムの市場に参入しています。

そのような企業が経営するジムのコピーでは、集客が大変です。

さらに大手企業においては資金力のあるがゆえに、ハイクオリティでバリエーション豊富なトレーニングマシーンを用意し、お客様のニーズに応えています。また数多くのお客様が利用できる、床面積の広い24時間ジムを経営しているのです。

このような企業が競合相手となると、差別化がとても難しくなってきます。

例えば、女性だけに焦点をあてたジムとして経営方針を計画し、競合と被ることなく事業を進めるなどの対策が求められます。

ニーズに応えられるサービスを提供しない限り、お客様を確保できず、また鞍替えされるリスクがあります。これを避けるためにも、差別化を図る必要があるのです。

2. 会費の低価格化が経営を圧迫

会費を下げるほど利益は少なくなり、収益性の高い24時間ジムのメリットが損なわれてしまいます。

それを避けるために入会者の数を増やすことで、会員一人あたりの会費を安く抑える経営方針は珍しくありません。低価格化の例として、入会金や入会後数ヶ月間の会費を無料にするといったキャンペーンも挙げられます。

資金力のある大手企業であれば、上記の方法であっても問題ないでしょう。しかし、規模が小さければ、厳しい状況に追い込まれるリスクを覚悟しなければなりません。

3. 人材確保の難しさ

お客様のニーズにしっかり応えられる優秀な人材の確保は、そう簡単ではありません。魅力があるトレーナーは、どの企業も喉から手が出るほど欲しい人材です。それだけ獲得競争が厳しいということが言えます。人件費に多額の予算を充てられれば、待遇面が充実し、トレーナーにとって魅力あるものになります。

しかし、規模の小さい企業では、予算を確保するのは簡単ではありません。だからこそ、対策をしっかり立てることが必要になってきます。優秀なトレーナーを確保できれば、お客様にジムを継続利用してもらえる可能性も高まります。

他社との差別化を図る意味でも、人材を獲得するための対策を立てましょう。

24時間営業ジムの経営戦略のポイント

他店と差別化するためのコンセプト

ハコジムの場合、フィットネスを生活に取り入れていただくことに主眼を置き、「トレーニングに必要なミニマルな機能を備えた、24時間利用できる個室ジム」をコンセプトとしています。使い勝手が良いとは言えない雑居ビルや学校の一室、またマンションやアパートの空室でも個室ジムに転換することが可能です。これにより賃料を抑えながらジムを運営でき、月会費を業界最安水準に抑えることができています。通いやすい会費が集客面でも競争力となりますし、会員様の継続利用にもつながります。

また、マンションやアパートであれば、空室や共有スペースへ導入することで、ジム付の物件としてアピールもできます。さらに家賃相場も一般的な物件と比べると高いため、家賃アップも見込めるのです。

 

人が集まり、賃料の低い立地、物件選定

多くの方が、人目につく立地でジムを開業したいと思うでしょう。仮にそのような物件を運良く見つけられたとしても、賃料は高く、多くのジム会員数を確保できなければ、厳しい経営を強いられるのがオチです。

しかし、二階以上や店舗向けでない物件であれば、賃料を抑えられます。また古く使いにくい雑居ビルや専門学校の空き教室なども、比較的低コストでの賃貸が可能です。

物件の選定は、ジムの運営に大きな影響を与えます。そのため、経営を行う上で重要な要素となっています。どのような物件にするかをしっかり見極め、選びましょう。

低価格を実現するオペレーション

ハコジムの場合、ジム利用の予約管理をはじめ、入退会、会費の入金といった決済が可能な自社開発の予約システムを導入しています。そのため、受付スタッフを配置する必要がなく、人件費も抑えられるのです。管理業務は本部スタッフが担えるように、顧客情報はすべてクラウド上で管理しています。

また入退会や入金などを、すべてスマートフォンで行えるため、お客様にとっても利便性の高いシステムでもあります。

 

低コストでの集客

集客には、SNSやデジタル広告を活用します。デジタルを活用して集客できれば、人通りの良い立地に出店せずとも会員獲得ができるため賃料を抑えることにもつながります。

若年層がターゲットであれば、Webメディアに対して抵抗は、あまり感じないでしょう。ターゲットが求めている内容を発信すれば、ユーザーの興味を惹きつけられ、しっかり情報を届けられます。

それができれば、高単価の広告を打つ必要もありません。SNSは基本的に無料で利用できるので、広告にかけるコストをグッと抑えながら、集客へ繋げられます。

ハコジムフランチャイズの紹介

ハコジムは、「24時間年中無休 × 個室 × スマートミラー」の3つの要素をかけ合わせた合理的なプライベートジムです。

「スマートミラー」は、トレーナーによる手本の動画をミラーに写し出し、その正しいフォームに合わせて、お客様がセルフトレーニングできるシステムです。カメラで撮影する動画から、お客様の動きを認識して、手本との差をAIが分析します。お客様は真似するだけで簡単にできるため、トレーニング初心者でも安心して取り組めます。

このようなミラーデバイスを使ったオンラインフィットネスサービスは、近年とても注目されています。

またハコジムの特長は、次の4つです。

  • 20畳ほどの小さい床面積の場所でも開業できる
  • AIシステム導入により、無人でも営業可能
  • 事前予約制の個室型のジムであるため、誰にも会わず自分のペースでトレーニングできる
  • 低投資・高収益を実現するビジネスモデル
  • 初期資金は、一般的なジムの1/10

他社のジムと比べ、加盟金も低額に設定しています。そのため、初期資金を抑え、開業することが可能です。また、店舗面積が20坪以上であれば、開業可能です。床面積が小さいため、家賃も抑えられます。

さらに、室内のスマートミラーに、AIトレーナーを設置するので、人件費削減にもつながります。スタッフの採用や育成、オーナー様の接客対応も一切不要です。

低コストかつ自動化システムが完備されており、副業でも問題なく運営できます。もちろん開業前後のサポートも充実しております。未経験者でも安心して始められるため、おすすめの24時間営業ジムのフランチャイズです。

まとめ

この記事では、24時間ジムを運営するメリット・デメリットや経営のポイント、ハコジムのフランチャイズについて紹介しました。

24時間ジムの開業にあたり、今回お伝えした内容をぜひお役立てください。独自のサービスを生み出し、他社との差別化がキーポイントです。

最後に、フランチャイズ「ハコジム」のリンクを掲載いたします。

ハコジムフランチャイズへ加盟して、24時間ジムの開業を成功させませんか?