会員ページはこちら

フリーウェイトトレーニングが体を美しく健康的にする!

一般的に筋トレの代表的なものにはフリーウェイトトレーニングとマシントレーニングがあります。ただ、同じように体を鍛えるなら、同じ時間でより効果的で美しく健康的に鍛えたいと思いませんか? もしそうなら、あなたにはぜひフリーウェイトトレーニングをおすすめします。

その大きな理由は、マシントレーニングよりもフリーウェイトトレーニングの方が、圧倒的に効率よく筋肉に刺激を与えられるからです。

フリーウェイトトレーニングは、あなたが求める理想の体を作り上げるための最も適した方法のひとつであるといえるでしょう。

今回は、フリーウェイトトレーニングが、なぜあなたを美しく健康的な体に導けるのかを深く掘り下げてお伝えします。

体を鍛えるなら美しく健康的に!

体を鍛えるなら、ただ「筋肉が大きくなった」「体が締まった」だけではなく、美しく健康的な体を目指しましょう。そのためには体をバランスよく鍛えることがとても重要です。

逆にいうと、鍛え方のバランスが悪いと美しく健康的には見えないのですね。そのことを以下にさらにくわしくお伝えします。

美しく健康的に鍛えられる秘密はバランスにあり

体をかなり鍛え込んだ2人の人がいたとします。あなたがパッと見て「美しい」「カッコいい」「健康的」と感じる人は、鍛え方のバランスが良い人の方でしょう。

仮に、胸だけ、お腹だけ、脚だけ見れば、その部分の鍛え方にはあまり差がわからないかもしれません。ただ今度は全身で見ると、バランスの良し悪しの違いがわかってきます。

「胸は逞しいけれど腕が細い」「太ももがすごく逞しくてお尻が貧弱」「鍛えているのはわかるけれど、余分に体が大きすぎる」という様な鍛え方になっている場合があるのです。

よくスタイルを競うコンテストがありますが、そこでも優勝する人はやはりバランスが摂れています。優勝できなかった人は、鍛えてはいてもどこかのバランスが今一歩だったのでしょう。

コンテストの例は少し極端かもしれませんが、トレーニングはただ一生懸命やれば良いというものではありません。筋肉にバランス良く刺激を与えるようにしてこそ美しく健康的な体になるのです。

そして、バランスの良い鍛え方が可能になるのがフリーウェイトトレーニングというわけです。

ではなぜ、フリーウェイトトレーニングでは体をバランスよく鍛えられるのか、その理由を次に2つ示しますね。

理由その1 : フリーウェイトトレーニングは隅々の筋肉にまで刺激を与えられる

体をバランスよく鍛えるために、全身の隅々の筋肉に刺激を与えられるのは、マシントレーニングではなくフリーウェイトトレーニングです。

マシントレーニングで体を鍛える場合、まず筋肉の種類に対応するマシンの種目が非常に少ないです。10~15台ほどのいろいろなマシンがあっても、まんべんなく筋肉を鍛えるのには種類が足りないでしょう。

また、マシンはネジやボルト、レールやケーブルで固定されており軌道が決まっているものが多いので、動きのバリエーションもあまりありません。どの方向に動かそうとしてもマシンの軌道通りにしか動きません。さらに、イスやバーの位置が調整できるとはいえ標準的な大きさに作られているので、マシンに体格がピッタリと合わない人も少なくありません。

一方、フリーウェイトトレーニングは使用する器具がバーベルやダンベル、ケトルベルなど、固定するものがないものを使いますので360°どの方向にも動かすことができます。そのためトレーニングメニューの種類が圧倒的に豊富です。動きのバリエーションも多様に変えられるので、さまざまな筋肉の動きに対応できます。

このフリーウェイトトレーニングの対応種目が多いことが、まずバランスよく全身を鍛えられる理由のひとつです。

理由その2 : ひとつのトレーニングに参加する筋肉の数が多い

マシンは一度そこに座れば自分の姿勢はほぼマシンが支えてくれますから、普段の生活の中で使っている体幹の筋肉を使っていません。体幹の筋肉を使わず、自分ではフォームをそれほど意識しないので、結果的に少ない数の筋肉しかトレーニングには参加しません。

そのため、あるマシンを集中的にやり続ければ特定部位がどんどん大きく発達して、それ以外の部位は以前とあまり変化がないということになります。つまり体がアンバランスになるということです。

一方、フリーウェイトトレーニングは自分で正しいフォームを維持・安定させる必要がありますから、体幹の筋肉をたくさん使いカラダ全体の使い方も調和がとれた状態になります。ですので、ひとつのトレーニングに多数の筋肉が参加して鍛えられることになります。

この「ひとつのトレーニングに多数の筋肉が同時に参加する」ことも、バランスよく体を鍛えることにとても重要なポイントです。それは、マシンのように特定部位だけが発達するのではなく、多くの筋肉に同時にバランスよく負荷がかかるからです。これが、フリーウェイトトレーニングが体をバランスよく鍛えられる理由のふたつめです。

ではここで、マシントレーニングとフリーウェイトトレーニングの効果の違いがわかりやすい例を紹介しますね。

≪チェストプレスとダンベルプレスの違いを体感しましょう!≫

もしあなたがフリーウェイト種目であるダンベルプレスをやったことがなければ、一度トライしてみましょう。ただその前にマシンのチェストプレスをやってみて、そのチェストプレスでやることができた重量を覚えておいてください。

その後、ダンベルプレスに挑んでみます。その際は必ずトレーナーの方の指導の元、行ってください。

徐々に重量を上げていき、チェストプレスでできた重量にたどり着けるか体に聞いてみてください。おそらく無理でしょう。

チェストプレスとダンベルプレス、どちらもメインターゲットは大胸筋です。しかし、チェストプレスではフォームを維持するための筋肉が鍛えられていないので、いざダンベルプレスに挑むと、グラグラして腕もプルプルしてしまう事態になるわけです。とても同じ重量などではできませんよね。

これを体感してみると、いかにフリーウェイトトレーニングではいくつもの筋肉が同時にバランスよく鍛えられるかがわかるでしょう。

マシントレーニングとフリーウェイトトレーニングの特徴 : その他の違い

前の項目で紹介した以外の、マシントレーニングとフリーウェイトトレーニングの特徴の違いをお伝えします。

安全性の高さ

フリーウェイトトレーニングでは、注意を怠るとダンベルやバーベルを落として事故になる可能性が考えられます。マシンにはその心配がないので、初心者の方やトレーナーをつけずに利用される方とってはマシントレーニングの方が安全性が高いといえます。ですので、とくに初心者の方は安全にフリーウェイトトレーニングを行う方法を身につけれるようにトレーナーをつけられた方をおすすめします。

狙った筋肉を鍛える場合

狙った特定の筋肉のみを鍛えるには、参加する筋肉が少ないマシントレーニングの方がやりやすいです。

なぜならフリーウェイトトレーニングで今ひとつ刺激が得られなかった筋肉に、マシンを使ってそこを狙って鍛えるという鍛え方もあるからです。逆に考えると、とくに狙った筋肉のみを追い込みたいという訳ではない場合にはフリーウェイトトレーニングの方が効率的と言えます。

動作の微調整のしやすさ

マシンはそのサイズや軌道の微調整はしにくく、フリーウェイトトレーニングではほぼその人に合ったやり方に調整可能です。

運動パフォーマンスや日常動作への効果

フリーウェイトトレーニングは、トレーニング姿勢からすべて自分で維持・調整しますから、マシントレーニングに比べてより実戦的です。つまり運動パフォーマンスや日常動作に直結して効果が得られるということです。

また、正しいトレーニング姿勢が身に付くことで、日頃の姿勢も見違えるように良くなりますよ。

フリーウェイトトレーニングは決して難しくない!

「フリーウェイトトレーニングは難しい」「初心者には向かない」との情報を目にしたという声をたまに耳にしますが、決してそんなことはありませんよ。

フリーウェイトトレーニングは初心者にもおすすめ!

フリーウェイトトレーニングは、筋トレ初心者だからこそおすすめしたいトレーニングだといえます。その理由は、体をバランスよく鍛えるための基本的な土台作りがフリーウェイトトレーニングでは可能だからです。

マシントレーニングでは、鍛えたい部位のトレーニングは叶いますが、そのための姿勢作りはマシンが常に補助してくれます。そのため、先にもお伝えした通り、チェストプレスでできたことがベンチプレスではできないということが起こるわけです。

フリーウェイトトレーニングでは、正しい姿勢をしようとしている時点で、もう体を美しく健康的に鍛えることがはじまっています。つまりその正しい姿勢での動作が、最短で効率よく理想の体に導いてくれるのです。マシントレーニングでは叶わない部分ですね。

そのため、筋肉がまだ偏った鍛えられ方をしていない初心者の時だからこそ、フリーウェイトでトレーニングをスタートさせることをおすすめするわけです。

フリーウェイトトレーニングで体はもっと変わります!

それでもフリーウェイトトレーニングに「難しい」という印象があるのでしたら、少しだけ見方を変えてみましょう。

フリーウェイトトレーニングは難しいのではなく、「奥が深い」のです。

そう考えれば、初心者の時はフリーウェイトの「浅い入口の部分」を学べば良いわけですね。それでも十分に体は変わります。それに慣れたら次は「一歩深いところ」にトライできます。

そうやってフリーウェイトの深い部分を追求しながらトレーニングしていくほど、あなたの体は進化していくでしょう。

もしあなたがトレーニングに慣れてきていたとしても、きっとまだまだフリーウェイトトレーニングには「奥」がありますよ。

まとめ:フリーウェイトトレーニングで体を美しく健康的に鍛えよう!

今回は、フリーウェイトトレーニングが体を美しく健康的に導くことについてお伝えしました。

人の体は100人いれば100通りの特徴があります。そのため、その体を最も効果的に鍛えようと思えば、100通り以上のトレーニングが必要です。それを可能にしてくれるのがフリーウェイトトレーニングですね。

ただその効果は、まずは実感してみないとわかりません。もしあなたがフリーウェイト初心者であったり、自己流でフリーウェイトを扱っていたりしたとしたら、一度トレーナーの指導をしっかりと受けてやってみてください。

そうしたら今までにない筋肉の反応をダイレクトに感じ、「まだまだ体は変わる!」という希望が湧いてくるでしょう。

「美しく」「健康的」な体を求めるあなたなら、ぜひフリーウェイトトレーニングにトライしてみてくださいね。

この記事の監修者

小津間勇二

ハコジム エグゼクティブトレーナー。パーソナルトレーナー養成校HUB校長。国家資格 柔道整復師。後進のトレーナーを教育する傍ら、自らも現場に立ち指導に取り組んでいる。

トレーニングの最新記事

24時間いつでも使える個室ジム  ハコジムのご案内

「ハコジム」は、広島・福岡で展開のフリーウェイト専門ジムです

ハコジムの月会費は 月3,800円 貸切制なのに、これまでにない納得の価格!

ハコジムの月会費は
月3,800円
貸切制なのに、これまでにない納得の価格!

詳細をもっと見る
1ヶ月体験してみる